諸星大二郎版画<br>『子供の頃』

諸星大二郎版画
『子供の頃』

通常価格
SOLD OUT!
セール価格
¥35,000
数量は1以上でなければなりません

作品情報:

諸星大二郎さんの「幻の作品」が版画になりました。
この作品は「漫画アクション」の著名マンガ家による連作シリーズ「私の故郷」の一枚として描き下ろされた作品で、1982年3月4日号に掲載されたものです。その後、『諸星大二郎 西遊妖猿伝の世界』(双葉社ムック。1986年発行)に収録されたものの、長いあいだファンの中でも幻の作品と呼ばれていました。ご覧いただければおわかりいただけると思いますが、これは荒川土手の通称「おばけ煙突」の夕景を描いた、美しくも、切ない作品です。

「ここに描かれているのは、単なる風景としての故郷ではない。少年期の過敏な感性が自我を自我として意識した不安が画面に漂っている。異界を夢想した少年期を、その夢想を持続した諸星が懐しんでいるのだ。」(呉智英「諸星大二郎『子供の頃』解説」より)

と、呉智英氏が喝破したように、この絵には、
諸星大二郎のいわば「原点」を見ることが出来ると思います。

また同じ解説文のなかで呉智英氏は、この作品を、

「一枚絵ながら諸星作品の中でも五指に入る傑作」

と評価しています。

この諸星大二郎氏の傑作を、是非この機会にお求め下くださることを強くお勧め致します。

なおエディションの指定はできませんので御了解ください。


(↑白木で、木目の美しい額です)

作家情報:
諸星大二郎 Daijiro Morohoshi

1949年7月6日、長野県軽井沢生まれ。東京足立区出身。1970年『COM』12月号に掲載された「ジュン子・恐喝」でデビュー。1974年、「生物都市」で第7回手塚賞入選(少年ジャンプ)。代表作に『西遊妖猿伝』、『妖怪ハンター』『諸怪志異』『マッドメン』『暗黒神話』など多数。1992年、『ぼくとフリオと校庭で』『異界録』で第21回漫画家協会賞優秀賞を受賞。2000年、『西遊妖猿伝』で、第4回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。2008年、「栞と紙魚子」シリーズで、第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

作品仕様: 

 制作年 2013年
エディション ED XXX/100
サイン あり 
技法 版画(ジグレー) 
作品本体サイズ(縦×横) 45.0x55.0cm
版画用紙
モロー
額仕様 木枠(ドガ・クレードル制作)
額寸(縦×横×奥) 50.0x70.0cmx2.2cm
お届け期間 3週間以内 
製作・販売 フリースタイル
版画制作
尾崎正志(プリントハウスOM)
特記事項
品番 MOROHOSHI-1

 

本作品は、以下のお店でも常設しております。
実物をご覧になってから購入したいという方は、
お気軽にお立ち寄り下さい。

リュミエール鎌倉(鎌倉。鶴岡八幡宮のそばです)
tel.0467-25-3488

NOTICE!
International shipment,
"not included picture frame". 
(it is too heavy to ship wihtout Japan)